【30歳からの挑戦】プログラミングの勉強を「ウェブカツ!!」で始めることにしました

現状を変えるきっかけになれば、とプログラミングの勉強を始めてみることにしました。

この記事では、僕自身の現状、プログラミングを学ぼうと思った理由、「ウェブカツ!!」を利用することにした理由について書こうと思います。

スポンサーリンク

30歳ながら定職に就けていない現状

大学卒業後、僕は医療機関で事務職として働きはじめました。そこでは専門的な知識が必要な部署に配属され、日々苦戦しながらも周りの上司や先輩に支えられながら業務にあたっていました。

しかし、入職後2年半ほどで退職する結果となりました。

原因はメンタル面での不調です。抑うつ状態が続き、休職期間を経ても状態が良くならなかったため、僕は職を失うことになりました。

それから今までの間、定職に就くことはできていません。実家で暮らしながらアルバイトを時々している、という情けない状況です。

プログラミングを学ぼうと思った理由

退職してから生きる気力が湧かないまま過ごしていましたが、30歳になってから危機感が増してきました。このままではいけない、と。どうせ自分で死ぬことはできないのだから何かしなければ、と。

しかし、今の僕にできることは何もありません。特別な資格どころか、一般的な社会人の能力もないでしょう。

エヌジマ
何かできるようになりたい。手に職をつけたい。それで生活費を稼げるようになりたい。

そんなことを思いながら「30才 未経験」「30才 転職」などと検索してみると、僕と同じ年齢から勉強を始めてプログラマーになったり、Web制作に携わったりしている方の存在を知ることができました。

もともと興味のあった分野だったこともあり、これだ!と思いました。

そういった職業は大学や専門学校で専門的に学んでいなければ厳しいという印象を持っていましたが、全くの異業種から就いている人も案外いると知り、挑戦してみようと思ったのです。

僕にとって大切な存在の人から「やりたいことをやったら?」「プログラミングとかは?」などと数か月前に言われていたことも挑戦を決めた一因です。

仮に仕事にすることができなかったとしても、プログラミングで学んだことは趣味のブログ運営やサイト作成に生かせるでしょうし、無駄にはならないでしょう。

何より、今の僕には一歩踏み出すことが必要なのです。それがプログラミングの勉強というわけです。

「ウェブカツ!!」を選んだ理由

プログラミングを学ぶ手段としては、教室型(通学型)のスクールやオンラインスクール、技術書で独学などがありますね。

まず技術書による独学は選択肢から外しました。ブログを運営してきて扱ったことのあるHTMLやCSSならまだしも、他の言語を学ぶのにあたって情報の取捨選択が初学者の僕には難しいだろうと思ったからです。

次に教室型のスクールも候補から外しました。講師から対面で教わることができる点は魅力的でしたが、何より受講料が高いのが僕にとってはネックでした。

そういうわけでオンラインスクールに狙いを定めて調べていたところ、異彩を放つ(?)スクールに出くわしました。それが 「ウェブカツ!!」です。

初めて見た時は「すごく胡散臭い!」という印象を受けたものの、「 【入門】初心者向けプログラミング学習スクール「ウェブカツ!!」BLOG 」も読んでみると妙に納得させられるものが。

ためしにツイッターで検索してみると、他のオンラインスクールで受講経験のある方や現役エンジニアの方がウェブカツ!!を高く評価しており、中身はしっかりしている様子。

ハッシュタグを用いて学習の進捗状況を報告しているユーザーが多かったのも印象的。モチベーションの高い方が集まっているのでしょうね。

他に個人ブログなどを参考にしつつ、部費(受講料)が他のオンラインスクールに比べると安かったことも後押しとなり(月額制だったのも大きい)、入会することを決めました。

ちなみに、僕が入会した時は月額43,200円という価格設定でしたが、以前はそれよりも安い値段で学べていたようです。(もっと早くプログラミングを学ぼうとしていれば…!)

※2019年2月1日に4プランに分かれた新体系になりました。それぞれの価格は公式サイト内の部費ページにて確認可能です。

おわりに

プログラミングの勉強が現状を変えるきっかけになるか否かは自分次第。

学んだことを何らかの形でお金に変えられるようになる、これを目標に頑張っていきたいと思います。

この記事を書いた人

エヌジマ

エヌジマ

三十路の唐変木。学校など特定の社会的状況で話せなくなる場面緘黙(ばめんかんもく)を過去に経験。現在も雑談は大の苦手で、時に緘黙の症状が出ることも。このブログでは自分の日常や「紹介したい!」と思ったものを中心にいろいろ書いています。