タグや定型文の一発入力を可能にする「AddQuicktag」で更新作業の効率アップ!

ワードプレスの投稿エディタのカスタマイズを可能にする「AddQuicktag」。タグや定型文を登録することで一発入力出来るようになるこの超有名なプラグインですが、当ブログではこれまで導入していませんでした。

しかし、使用してみたところ想像以上に投稿エディタでの作業が楽になったので、まだ導入していない方にぜひおススメしたいと思い、この記事を書くことにしました。

スポンサーリンク

まずインストール方法ですが、「管理画面>プラグイン>新規追加>AddQuicktagで検索>インストール>有効化」というのが1つの方法です。


↑このプラグインです。

また、WordPress.orgのプラグインページからzipファイルをダウンロードしてアップロードするという方法もあります。

そして肝心の設定ですが、「管理画面>設定>AddQuicktag」もしくは「管理画面>プラグイン>インストール済みプラグイン>AddQuicktag-設定」から行うことが出来ます。

設定画面はこんな感じです。

AddQuicktagの設定画面

とりあえず使えるようにしたいというだけであれば、ボタン名と開始タグを入力して右端にチェックを入れた上で「変更を保存」をクリックすればOKです。定型文ならこれでOKですが、タグを登録する場合は終了タグも入れて置いた方が楽かと思います。

ちなみに、僕が登録しているものの一例がこちら。

僕がしているAddQuicktagの設定

ボタン名:マーカー
開始タグ:<span class=”marker”>
終了タグ:</span>

それぞれ上記のように入力した上で「ビジュアルエディター・post・page」にチェックを入れ、記事ページと固定ページのテキストエディタならびにビジュアルエディタでボタンが表示されるように設定しています。

他にも色々タグを登録しているのですが、そんな僕の投稿画面はこんな感じになっています。

僕の投稿画面

初めから用意されているボタンの他に「AddQuicktag」で追加したボタンも並んでいます。設定時に「順番」を入力することでボタンの並ぶ順番を指定出来るのですが、僕は設定していないため適当な順番になっています。

この状態で「マーカー」というボタンを押すと次のように入力されます。

登録したタグを使った時の画面

先ほど開始タグとして設定した<span class=”marker”>が入力されました。

ここで気付いた方もいるかと思いますが、「マーカー」のボタンが「/マーカー」に変わっていますね。タグで囲む任意の文字を入力した上で「/マーカー」を押すと次のように入力されます。

登録したタグを使った時の画面2

今度は終了タグとして設定した</span>が入力されました。

このように登録したタグを一発で入力出来るというのが「AddQuicktag」最大の特色です。

もちろん場合によってはスタイルシートの設定も必要ですが、タグやクラス名をすべて手打ちしなければならないという手間を省けるので非常に便利です。

僕はよく使うタグを数種類登録しているだけですが、他にも挨拶の定型文やショートコードを登録するなど様々な活用の仕方が考えられます。

頻繁に使用するタグなどがある場合には作業効率がグンと上がりますので、まだ導入していない方には非常におススメのプラグインですよ!