秋田公立美術大学プロデュースの「凡人診断」をやってみた

秋田公立美術大学企画・開発の”凡人診断“が面白そうだったので試してみました!

スポンサーリンク

凡人診断とは?

写真を選んでいくだけで凡人度を測れるらしいのですが、詳しくは凡人診断のサイトに載っていたので紹介したいと思います。

凡人診断とは、独自の「才能偏差値」に基づいて算出される秋田公立美術大学が企画・開発した新しい診断です。空間、陰陽、色彩などの様々な美術的観点で選定された20枚の写真を、ユーザーの直感的な美的センスで選んでもらうことで、それを才能偏差値に換算し、あなたの’凡人としての才能’を算出します。

http://www.akibi.ac.jp/bonjin/より

この説明から察するに、多くの人が選んだものと同じものを選ぶほど凡人度が高くなるってことですかね。

とにかくやってみた

ページの”診断をはじめる”ボタンを押すと診断が始まります。
次の画像のように2つの写真が出てくるので、感覚で一方を選んでいきます。

凡人診断の質問例

全20個の質問に答えると結果が表示されます。

ちなみに僕の結果はこんな感じでした。

凡人診断の結果

うーん、この中途半端感。思いっきり凡人というわけでもなく、かといって奇人よりでもないという…。非常にコメントに困る感じですね!

そうそう、画像にもあるように診断結果はTwitterやFacebookで共有することも出来ますよ。
短時間で診断が出来るので、興味を持った方はぜひ試してみてはいかかでしょうか!

URL:http://www.akibi.ac.jp/bonjin/