キャプチャー画像の作成にはChromeの拡張機能「Awesome Screenshot」がとても便利

ブログでサイトの紹介をするときなど、キャプチャー画像を利用したくなるってことありますよね。僕はこれまで「Jing」というフリーソフトを使って画面のキャプチャーを行なっていたのですが、見えている部分しかキャプチャー出来ず、スクロールする必要のあるサイトをキャプチャーしたいときには困っていました。

スポンサーリンク

何か良いフリーソフトとかないかなあと探していたところ、クロームブラウザの拡張機能で「Awesome Screenshot」というものがあると知り、早速使ってみることに。

Chromeを利用している方しか使えませんが、これがなかなか良い感じだったのでその使い方を紹介したいと思います。

まず、次のページからインストール(”CHROMEに追加”をクリック)します。

インストールするとウインドウ右上に次のようなアイコンが表示されるようになります。

赤枠で囲ったアイコンをクリックすると、次のような選択肢が表示されます。

画面キャプチャーに関するものは上3つとなっており、それぞれ

・現在ブラウザで見えている範囲
・任意の選択範囲
・サイト全体

をキャプチャーすることが出来ます。

キャプチャー直後には、次のように簡単な画像編集をすることが出来ます。

このように枠線を引いたり、ぼかしを入れたり、文字を入力したりすることが可能です。この画像では行なっていませんが、キャプチャーした状態から更に任意の範囲で切り取れるのも良いですね。

ちなみに、選択肢の中の”Select a local image”でローカル環境に保存してある画像を呼び出しても同じように画像編集が出来ます。つまり、キャプチャー時にはそのまま保存した画像でも「やっぱり枠線や文字があった方が分かりやすいかも!」と思ったときにすぐ修正が出来るというわけですね。

非常に便利な「Awesome Screenshot」ですが、強いて惜しい点を挙げるとすれば、サイトが表示されている部分しかキャプチャー出来ないという点でしょうか。ちょっと分かりにくくて申し訳ないですが、ウインドウ上部のアドレスバーやタブ部分はキャプチャー出来ないという意味です。

このページの上の方でインストール後のアイコンを紹介しているのですが、アドレスバーの横に表示されるため「Awesome Screenshot」ではキャプチャー出来ず、「Jing」というフリーソフトでキャプチャーした画像を載せました。

しかし、そういったサイト以外の部分をキャプチャーするという事は多くないでしょうし、そもそもそういった用途を見込んで作られてはいないでしょうからケチを付けるのも変な話です。ただ、紛らわしい画像を載せてしまった手前、誤解を招かないようにといった意味も込めて書かせていただきました。

さて、最後はちょっと長くなってしまいましたが、この拡張機能を使ったキャプチャー画像作成はちょちょいのちょい(死語)と出来てしまうので、Chromeユーザーの方はぜひ活用してみてはいかがでしょうか。

この記事を書いた人

エヌジマ

エヌジマ

三十路の唐変木。学校など特定の社会的状況で話せなくなる場面緘黙(ばめんかんもく)を過去に経験。現在も雑談は大の苦手で、時に緘黙の症状が出ることも。このブログでは自分の日常や「紹介したい!」と思ったものを中心にいろいろ書いています。