歯間ブラシが入らない?それならデンタルフロスを使うといいかも!

ここのところの歯科通いで口内環境に気を使うようになったエヌジマです。今回は口腔内ケアの道具であるデンタルフロスについて書いていきます!

歯間ブラシが入らない!?

歯科で歯の間の虫歯が数箇所見つかったこともあり、とりあえず磨き残しをなくそうということで歯間ブラシを買ってみました。

こんなの↓(写真を撮り忘れてしまったのでamazonのリンクで)

“激細”とあるようにこの歯間ブラシはSSSSサイズと最も細い規格で、最少通過径が0.6mmとなっています。歯間ブラシは初めてだったため、一番細いものにしておけば間違いはないだろうと思ったのですが、まさかの事態が。

そう、全く歯の間にブラシが入る気配が無かったのです。念のためやり方を確認しながら何度か挑戦してみるも成功ならず。ただただワイヤーが曲がってしまうだけでした。

「最細サイズなのに入らないなんてことがあるの?」と思って調べてみたところ、若くて歯周病になっていない人は歯間がまだ狭いため、入らなくてもおかしくないのだそうです。

参考までに、とある歯科のホームページに次のように書いてありました。

歯間ブラシは、すでに歯周病が大きく進行した、歯間の開いたり連結修復物の多い、中高年の方がおおまかにケアする用具です。

ホワイトファミリー歯科「完璧な隣接面ケアを実行するために歯間清掃具を選ぶー2. デンタルフロスを使った「プラークコントロール」」より

そうだったのか…恥ずかしながらこれは知りませんでした。しかし、歯間ブラシが使えないとなった以上、どのように歯の間のケアをすれば良いのでしょうか。

そこでデンタルフロスですよ

ガム・デンタルフロス

これまた恥ずかしながら今まで存在を知らなかったのですが、歯間が狭い人はデンタルフロスを使うのが好ましいようです。理由は単純で、歯間ブラシは入らなくてもフロスであれば入る可能性がずっと高いからです。歯間ブラシは最細でも0.6mmはありますからね。

僕は初めて使うということもあってワックスタイプを選んでみました。まだ完全に慣れたとは言えませんが、不自由はしていないのでこの選択は間違いではなかったようです。

ちなみに、使い方も商品パッケージの裏側に書いてあったので問題ありませんでした。

デンタルフロスの使い方説明

ただ歯の間の歯垢を取るだけではなく、この説明書きにあるように詰め物の異常や虫歯の早期発見にも役立ちそうなのが良いですね。

毎回の歯磨きの後だと大変ですが、デンタルフロス 素朴な疑問と注意点 | ライオン快適生活研究所では1日1回寝る前の歯磨きの時に使用すればOKということが書いてあったので、面倒臭がりな僕でも続けられそうです。

おわりに

さて、今回はデンタルフロスのことについて書いてきました。

「歯と歯の間のケアをしたいけれど歯間ブラシは入らない…」

そんな方は、デンタルフロスを試してみてはいかがでしょうか。ドラッグストアであればどこでも取り扱っていると思うので、簡単に手に入れることが出来るはずです。

最後に、サンスターMouth & Body PLAZAがYoutubeに公式にアップロードしていたデンタルフロスの使い方の動画を紹介して終わりたいと思います。非常に分かりやすく解説されていたので、初めて使う場合にはとても参考になりますよ!

*埋め込みコードの使用が許可されていたため、記事内に埋め込みしています。