服を”シェアする”という考え方。女性向けファッションレンタルサービス「SUSTINA」が2015年3月下旬よりスタート。

面白そうなサービスがスタートするみたいなので紹介します。

スポンサーリンク

そのサービスの名は「SUSTINA」。英語の「sustainablitty(持続可能性)」からとった造語で「サスティナ」と読みます。

この「SUSTINA」を一言で表すとファッションレンタルサービス。これだけ聞くとよくあるサービスのように思えますが、一風変わった点があるのです。

「SUSTINA」の仕組みについて見てみましょう。

この画像から分かるように、「SUSTINA」の大きな特徴はユーザーから服を買い取り、それを特定のユーザーに売るのではなく貸し出すことを基本形にしている点にあります。

「SUSTINA」を運営する株式会社オムニスの言葉をそのまま引用しますが、まさに「大きなクラウドのクローゼットをシェアする」(引用:http://www.omnisinc.co/news_20150121.html)というイメージなのです。

そうそう、先ほど”基本形”という言葉を使用したのには理由があり、画像にもあるのですが、レンタルしたものは気に入れば購入することが出来るためです。

これを書いていて思いだしたのですが、以前に「renTart(レンタルト)」というアート作品をレンタルするサービスを紹介したことがあります。

この「renTart」もレンタルが基本なのですが、気に入ったものは購入することが出来る仕組みになっているのです。うーん、完全になんとなくですが、今後このような身近なもののレンタルサービスっていうのは増えていきそうな気がします。

……と脱線してはいけないので、現時点で分かっている「SUSTINA」の機能について箇条書きにして紹介したいと思います。

  • 専用のアプリ(無料)を使用する
  • サービス利用料は月額5,800円
  • 対象商品はレディース服・バッグ・アクセサリー
  • 1回につき5点までだが月に何度でもレンタル可能
  • 買取時/レンタル時/返却時の配送料無料
  • レンタル期限無し延滞料無し

だいたいこんなところでしょうか。

1回あたりのレンタル数に制限はありますが、月に何度でもレンタルが出来るということなのであまり気にならないですね。また、配送料無料という点も嬉しいのではないでしょうか。梱包の大きさや距離にもよりますが、宅急便だと1,000円近くしますもんね。

そうそう、サービス自体は3月下旬からのスタートですが、アプリはすでにダウンロード出来るようになっています。

・App Store
https://itunes.apple.com/jp/app/sustina/id931954828?mt=8

・Google Play
https://play.google.com/store/apps/details?id=co.sustina&hl=ja

服を”シェアする”という新しいライフスタイルを提案する「SUSTINA」。気になる方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

SUSTINA(サスティナ) | 5800円で借り放題。買うように借りる、ファッションをもっと自由に

この記事を書いた人

エヌジマ

エヌジマ

三十路の唐変木。学校など特定の社会的状況で話せなくなる場面緘黙(ばめんかんもく)を過去に経験。現在も雑談は大の苦手で、時に緘黙の症状が出ることも。このブログでは自分の日常や「紹介したい!」と思ったものを中心にいろいろ書いています。