JASRAC管理楽曲の動画をブログへ埋め込む予定なら知っておくべきこと

ブログ運営者、特にYoutubeの公式チャンネルにアップロードされた音楽動画をブログへ埋め込む予定の方、あるいはすでに埋め込んでいる方は知っておくべきじゃない?と思ったことがあったので紹介します。

どんな話かというと、「公式チャンネルにアップロードされた音楽動画のブログへの埋め込みは著作権的には大丈夫かもしれないけど、そのブログに広告を貼っていたらJASRACからいつお金を請求されてもおかしくないですよ。」っていう話です。

Youtubeの動画をブログへ埋め込めるというのは有名ですが、ブログ運営者の方なら著作権が気になるところではないでしょうか。

これ著作権的には大丈夫なの?と「Youtube ブログ 埋め込み 著作権」などというキーワードでググりまくった方も結構いるはず。

僕も色々と調べてみたのですが、音楽PVに関しては「その動画の著作権を持つ者がアップロードし、かつアップロード者が埋め込みタグの利用を許可している場合」であれば著作権の侵害に当たらないとする考えが多かった気がします。

そのようにYoutube動画の埋め込みと著作権について調べていたのですが、あるブログ記事に驚かされました。

それは「Youtubeの公式チャンネルの音楽PVをブログに貼っていたら、JASRACから管理楽曲利用分の清算手続きに関する連絡を受けた」という内容です。同様の連絡を受けた方を他にも数名見つけることが出来ました。

知っている方からすればそんなの当然と思うかもしれませんが、ブログへの埋め込みが著作権違反か否かということしか頭になかった僕にとっては衝撃的でした。

JASRACのサイトに載っていた

本当にそんなことがあるのかとJASRACのサイトに飛んでみたところ、以下の記述を見つけました。

なお、動画投稿(共有)サイトにアップロードされている動画を、いわゆるタグ貼付・埋込の方法で外部のサイト上で利用する場合は、別途、外部のサイト運営者において、許諾契約手続きが必要となります。ただし、以下の条件を満たす場合に限り、外部サイトでの利用については、各サイト運営事業者とJASRACとの許諾範囲に含まれますので、許諾契約手続きは不要です。

条件:個人が広告収入を得ずに運営するホームページ、ブログであること

JASRACネットワーク課「YouTubeなど動画投稿(共有)サイトで音楽を利用することについて」

ここから読み取れるように、やはり広告を貼りつけているブログにJASRAC管理楽曲が含まれた動画を埋め込んだ場合は、JASRACと許諾契約を結ぶ必要があるみたいです。

先述のJASRACから連絡を受けたという方もブログにアマゾンアソシエイトのリンクを貼っていた模様。

当ブログを例に考えてみた

例えば、僕がスネオヘアーの「slow dance」という曲のPVを埋め込みたいと考えたとします。次の画像はその動画ページ(http://www.youtube.com/watch?v=kkCV24xkDes)のキャプチャ画像です。

slow dance/スネオヘアーのyoutubeキャプチャ

画像から分かるように、この動画はkingrecordsの公式チャンネルにアップロードされたもので、かつ動画の埋め込みが許可されているものです。

しかし、動画に含まれる楽曲はJASRACの管理楽曲のため、当ブログに広告を貼っているかどうかが埋め込む際のポイントになります。で、僕はこのブログにグーグルアドセンスという広告を貼り付けています。

したがって、この動画を埋め込んだとしたら僕はJASRACに契約料を支払わなくてはなりません。「動画は埋め込みたいけど契約料は払いたくない!」という場合は、グーグルアドセンス等の広告をすべて外す必要があるのです。

最後に

ここまで「レコード会社等の公式チャンネルにアーティストのPV動画がアップロードされており、かつその動画がアップロード者によって埋め込み許可がされていた場合でも、グーグルアドセンスなどの広告を貼ったブログにその動画を埋め込むためにはJASRACと契約する必要がある。」という話をしてきました。

ネット上を見てみると数多くのブログで公式チャンネルのPV動画を埋め込んでいます。

もちろんブログ運営者が広告による収入を得ていなければJASRACと契約を結ぶ必要はありませんし、広告を貼っている場合でもちゃんと契約をしていれば利用料という点では言うまでもなく問題ありません。

ただ、最近までの僕のように利用料という点まで考えが及ばず、「公式にアップロードされたものでしかも埋め込み拒否もされていないから大丈夫だろう」と思って広告を貼っているブログに埋め込もうとしている人、そして実際に契約を結ばないまま埋め込んでいる方も多いのではないでしょうか。

しかし、JASRACのwebサイトには許諾契約を結ぶ必要があるとしっかりと記されており、また実際に請求を受けたという人がいるのも事実です。

ブログにアフィリエイトリンクを貼るという行為が一般的になってきた今、ブログ運営者としてこのような情報は知っておいた方が良いのではないかと思います。

※この記事の内容は投稿日時点での情報です。今後JASRAC管理楽曲が含まれた動画の取り扱いについて変更されるということも十分考えられるので、定期的にJASRACのWebサイトでチェックした方が良さそうです。

この記事を書いた人

エヌジマ

エヌジマ

三十路の唐変木。学校など特定の社会的状況で話せなくなる場面緘黙(ばめんかんもく)を過去に経験。現在も雑談は大の苦手で、時に緘黙の症状が出ることも。このブログでは自分の日常や「紹介したい!」と思ったものを中心にいろいろ書いています。詳しくは当ブログについてをご覧ください。また、お問い合わせはこちらのフォームからどうぞ。