暇だったので話題の「精神年齢測定」をやってみた

どうも、5歳くらいから落ち着いていると周りの人に言われてきたエヌジマです。きっと悪い意味も含まれているのでしょう。さて、今日はたまたま休みで暇だったので、数日前にネット上の一部で話題となった”精神年齢測定”をやってみました。

スポンサーリンク

やり方はとっても簡単です。

まず、http://www.arealme.com/mental/ja/にアクセスします。

精神年齢鑑定の注意事項

画面上にこのように表示されるので、実年齢を選択し、測定スタートのボタンを押します。

質問は全部で32問あり、ほとんどの質問に「はい」「いいえ」「どちらでもない」のいずれかで答えていく形式。例えば、最初の質問はこんな感じです。

精神年齢鑑定の質問例

直感的に正直に答えていけばよいので、あっという間に終わります。3分もあれば終わると思うので、ちょっと空いた時間に試せるのではないでしょうか。

で、実際に試してみた僕の結果がこちら。

精神年齢鑑定の結果

おお、年齢相応…。若干コメントに困りますが、実年齢(26歳)に比べて子どもじみているわけではなさそうなので、良しということにしましょう。ちなみに、実年齢と測定結果の差の平均はプラスマイナス5歳以内だとのことです。

そうそう、「この質問にこの答えなら精神年齢が高く/低くなりそう」って思うことが結構あったのですが、これはまあ仕方ないことなんですかね。サイトの注意事項にありますが、正直に答えつつ、測定結果も参考程度に捉えて遊び感覚で楽しむのが良いかもしれません。

手軽さがあるので、ちょっとしたネタとして合コンとかで盛り上がりそうですね。行ったことないから分からないですが(適当)

ともかく、興味のある方はhttp://www.arealme.com/mental/ja/をクリックして試してみてはいかがでしょうか。測定結果のページには試した人達のFacebookコメントも載っているので、それらを見るのも楽しいかもしれません。

この記事を書いた人

エヌジマ

エヌジマ

三十路の唐変木。学校など特定の社会的状況で話せなくなる場面緘黙(ばめんかんもく)を過去に経験。現在も雑談は大の苦手で、時に緘黙の症状が出ることも。このブログでは自分の日常や「紹介したい!」と思ったものを中心にいろいろ書いています。