「あなたのパートナーだったら嬉しい名字(5世帯以下限定)は?」というマニアックなアンケートの第1位はアレ!

カップル専用アプリPairyが実施したアンケート調査「2015年名字に関するカップルの意識調査」の設問のひとつが面白かったので紹介したいと思います。

スポンサーリンク

それは「下記は日本に5世帯以下しかないと言われている珍しい名字です。あなたのパートナーが以下のうちどの名字だったら最も嬉しいか、一つ選択してください。」というもの。

16個の選択肢が用意されていたこの設問。今回は10位から1位に向かって順に紹介していきたい…と思ったのですが、全て珍しい名字だったのでランク外もあわせて紹介します。

なお、この調査ではPairyを利用する628人(男性252人・女性376人)が回答しています。

ランク外

・16位 東京(とうきょう)0.5%
・15位 回り道(まわりみち)0.7%
・14位 鰻(うなぎ)1.1% 
・13位 七五三田(しめた)1.2%
・12位 勘解由小路(かでのこうち)1.6%
・11位 蓼丸(たでまる)1.8%

さっそく「こんな名字本当にあるの?」というものが並んでいます。名字といえば地名に由来するものが多いですが、“東京”はまさにそれ。“回り道”も和歌山県日高郡日高川町千津川の小字の廻り道がルーツとのこと。

”勘解由小路”も地名を由来としており、これは平安京の勘解由小路という小路の名称から来ているそうです。なお、この名字は左衛門三郎(さえもんさぶろう)と並び、漢字字数最多の名字でもあります。

関係ないですが、ふと頭に浮かんだ”佐村河内”は全国に40人ほどいるそうです。

“七五三田”の語源はしめなわ(注連縄・七五三縄)。11位の“蓼丸”は綾瀬はるかさんの本名と言われている名字ですね。また、“鰻”はコンビ芸人・銀シャリのボケ担当の方の名字です。

10位:降魔と御薬袋

“降魔(ごうま)”“御薬袋(みない)”が共に2.6%の票を獲得して第10位となりました。

“降魔”ってなんかすごいですね……。由来は分からないのですが、この文字を調べたらこんなものがヒットしました。

降魔(ごうま)とは、仏教においてマーラ(漢訳:天魔波旬、魔羅、天魔、悪魔)を降す(くだす)、または、マーラの攻撃を退けてマーラに勝つという意味をもつ。
代表的なのが釈尊の降魔成道(ごうまじょうどう)のおり、釈尊が悟りを開くのを邪魔するためにマーラの軍勢が攻撃してきた際に悪魔の攻撃を退けて悪魔に勝利し、成道つまり開悟(悟りを開く)したというエピソードがある。 これは釈尊に限らず悟りを求めて仏陀教団に入門した修行僧全てに待っている試練である。

フリー百科事典ウィキペディア日本版「降魔」より , 2015年1月24日

うーん、仏教関係がルーツの名字なのかな?

あっ、この言葉が由来であると言っているわけではないですよ。念のため。

“御薬袋”は今の山梨県にあたる甲斐国巨摩郡薬袋村が起源であると言われているそうですが、薬袋をみないと読む理由については諸説あるそうです。ちなみに”御薬袋”ではなく”薬袋(みない)”と表記する名字もあり、こちらは全国で1,500人ほどいるようです。

8位:辺銀

第8位は3.0%の票を獲得した“辺銀(ぺんぎん)”。単純にかわいいです。

この名字は「石垣島ラー油」を作っているご夫妻の名字。そのお二人に焦点をあてた「ペンギン夫婦の作りかた」という映画も制作されました。

[amazonjs asin=”B00APR9YJG” locale=”JP” title=”ペンギン夫婦の作りかた DVD”]

この名字は旦那さんが日本に帰化をする際に決めたのですが、その理由も映画の中で明かされています。これから見る予定の人もいるかもしれないので紹介はしませんが、ググればネタバレとしてその理由が書かれているサイトがヒットします。

7位:邪答院

第7位は3.2%の票を獲得した邪答院(けいとういん)

この名字の語源は分からないのですが、○○院という名字って高貴な感じがして良いですよね。

6位:秀吉

第6位は3.4%の票を獲得した秀吉(ひでよし)

豊臣秀吉が関係してる?と思ったのですが、そんなことはないようです。もし名前が秀樹(ひでき)だったら1人なのにコンビ名みたいになってしまいそう。

5位:奉日本

第5位は6.8%の票を獲得した奉日本(たかもと)

この名字の語源も分かりませんでしたが、響きは割と普通なので人気だったのかもしれません。

4位:猫屋敷

第4位は7.6%の票を獲得した猫屋敷(ねこやしき)

これまたかわいい。そして住みたい。第4位になったのも個人的に納得です。この名字だと自己紹介で絶対ウケそうですよね。しかも本人が猫アレルギーだったら鉄板ネタ確定。

3位:獅子王

第3位は9.7%の票を獲得した獅子王(ししおう)

猫から一転、獅子です。しかもキングです。格好良い。完全に字面からのイメージですが、何があっても守ってくれそうですね。詳細は明らかにされていないので分かりませんが、女性からの票を集めて3位になったのではないかと予想。

2位:雲母

第2位は21.9%の票を獲得した雲母(きらら)

理科の授業で習った黒雲母を思い浮かべたあなた、正解です。鉱石の雲母は「きら、きらら」と呼ばれることもあり、これが語源となっているようです。吉良という名字もありますが、それも同じ語源だそうです。

確かにこの名字も動物の可愛さとは別の可愛さがありますね。ただ名字の可愛さゆえに会う前から勝手にハードルを上げられてしまいそうです。

雲母雲母(きららきら)って名前の人がいないかググってみたところ、その名前はヒットしませんでしたが、雲母(きらら)っていう1998年生まれの女優/ファッションモデルさんがいることを知りました。

1位:榮倉

さて、ついに第1位です。

最もモテる(?)名字には、31.2%の票を獲得した榮倉(えいくら)が輝きました!

この名字の由来は、現在の鹿児島県肝属郡肝付町岸良に江戸時代にあった榮倉門(門割制度による)にあるという説があります。この名字で有名な榮倉奈々さんが肝付町(旧内之浦町)の出身なので、信ぴょう性はありそうです。

ただ、新字体の”栄倉”という名字もあり、そちらの語源は全く別のものかもしれません。

しかしまあ、この結果を見ての個人的な感想はただ一言。

榮倉奈々強し。

これ絶対榮倉奈々さんを意識して投票してますよね。

[amazonjs asin=”4089070058″ locale=”JP” title=”榮倉奈々写真集 「free」”]

この笑顔を想像した多くの男性の票が集まったのではないでしょうか。関係ないですが、またこの頃のような髪型にしてるのを見てみたいです。個人的には榮倉奈々さんはロングの方が好み……

話が完全に逸れそうなのでもう終わりにします。

今回はカップル専用アプリParlyが実施したアンケート調査の結果を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。なかなか面白い結果でしたよね。

皆さんだったら、どの名字の人がパートナーだったら嬉しいですか?

ちなみに僕だったら”猫屋敷”に一票です。猫が好きなので!

*記事内の名字の由来については、名字由来netさんを参考にいたしました。

この記事を書いた人

エヌジマ

エヌジマ

三十路の唐変木。学校など特定の社会的状況で話せなくなる場面緘黙(ばめんかんもく)を過去に経験。現在も雑談は大の苦手で、時に緘黙の症状が出ることも。このブログでは自分の日常や「紹介したい!」と思ったものを中心にいろいろ書いています。