傘は降水確率何パーセント以上で持っていきますか?

6月に入り、梅雨の季節が迫ってきましたね。傘を手にする回数も増えそうなこれからの時期、みなさんは何パーセント以上の降水確率で傘を持っていくことにしていますか?

スポンサーリンク

そんなことを考えたのは、「降水確率何%以上で傘持っていく? 雨男・雨女が多い地域は……」街のコト | at home VOX(アットホームボックス)という記事を目にしたからです。

アットホームボックス調べでは、30-60%のあたりがボリュームゾーンだったようですが、個人的には長傘・折り畳み傘の違いや、季節の違いによっても判断の基準が変わってきますね。

・長傘を持っていくとき

まず、折り畳み傘ではなく普通の長傘の場合を考えてみます。これは僕の基準ですが、季節問わず50%以上の降水確率で持っていきますね。特にコレという理由はなく、昔からの習慣ですかね。

仮に外出時に雨が降っていたとしても、40%以下なら持っていきません。それなら折り畳み傘でいいやと思ってしまいます。

・折り畳み傘を持っていくとき

折り畳み傘は、基本的に30%以上の予報のときに持っていきますね。30%だと降る可能性は十分あるよなと思って持っていくことにしています。個人的な感覚ですが。

ただ、夏場は別です。突然の雷雨やゲリラ豪雨に備え、10%でも持っていくことにしています。荷物が増えるのは嫌ですが、大雨に濡れるよりはマシだと思っています。まあ必要なかったというパターンの方が圧倒的に多いんですけどね。

自分の安心感のために持っていっている節もあります。

・傘を持っていかないとき

外出時に雨が降っておらず、降水確率が20%以下(夏場は0%)なら傘は家に置いていきます。それで途中で雨に降られてしまったら、運が悪かったんだなと思って諦めます。

そして、よほどの大雨に降られない限りコンビニで傘を買ったりはしません。傘を持つという判断を下せなかった自分自身への戒め……というわけではありませんが、少しくらい濡れてもいいやって思ってしまいます。

僕の場合はこんな感じの基準がありますが、みなさんはいかがでしょうか。ちなみに、Woman Insight編集部の調査によると、長傘・折り畳み傘を持って出かける人の割合が過半数を超えたのは、降水確率40%のときだったそうですよ。