アプリを入れたくない方に!雨雲の確認はヤフーの「雨雲ズームレーダー」がおすすめ!

全地域の梅雨明けが発表され、本格的な夏へとカウントダウンが始まった感がある今日この頃ですが、この時期に悩まされるのがゲリラ豪雨。ちょっとした用事で外出したら突然大雨に降られてしまったという経験をした人も多いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

そんなゲリラ豪雨の対策として、雨雲レーダーが見られたり雨が降ることを通知してくれたりするアプリが数多く存在しており、たくさんの人が使用していることだと思われます。

しかし、個人的には「別にアプリである必要はないんじゃない?」と思ってしまうのです。そんな僕がよく利用しているのはヤフーの「雨雲ズームレーダー」。

このサイトの機能で雨が降ることを十分予測出来るので、無駄なアプリを増やしたくないという方にはおすすめです。

スマホでサイトを開くとこんな画面になります↓

スマホで見た雨雲ズームレーダー

画面上部の赤枠で囲ったところをタップすると、現在位置のマップに切り替わります。この機能は位置情報サービスをオンにするなど、現在地の取得が許可されていないと利用できないので注意です。

位置情報サービスはオンにしたくない!という方もいると思いますが、そういう方も安心。隣の黄枠で囲ったところをタップすると、地名や住所から検索することが出来ます。

また、そのちょっと下にある「警報・注意報」、「雨の強さ」をタップすると、指定した位置に発表されている警報や注意報が表示されたり、予想される雨の強さが表示されたりします。

さらに、一番下の青枠で囲ったところを動かすと、1時間前からの雨雲の動きや1時間後までの雨雲の予想を見ることが出来ます。

◆◆◆

文章だけだと分かりづらいと思うので、茨城県の「日立市」というワードで検索した画面をどうぞ。降水量によって、色分けされて表示されます。

雨雲ズームレーダで見た雨雲の動き

ちなみに、画面左にある「+」や「-」をタップすると拡大・縮小が可能です。

雨雲の動きを拡大表示

「-」を1回押して縮小したのがこの画像です。もうすぐ大雨が降りそうだということがこの画面からだけでも予測出来ますよね。実際には1時間後までの雲の動き(予測)も見られるので、かなり役に立ちますよ。

◆◆◆

さて、ここまでヤフーの「雨雲ズームレーダー」の使い方について簡単に説明してきましたが、いかがだったでしょうか。

これほどの機能が備わっていれば、十分に突然の雨に備えることが可能なのではないでしょうか。夕飯の買い出しに行く前などにちょっとチェックしてから出掛ければ、帰り際に急な大雨に襲われるなんてことも避けられそうですね。

同じような情報が得られるアプリも多くありますが、必要以上のアプリを入れたくないという方には、この「雨雲ズームレーダー」のブックマークをおすすめします!