パイナップルを食べたら血が出てきて悲しいぞ!

みなさんの一番好きなフルーツは何ですか? 僕はパイナップルです。昔はメロンが大好きだったのですが、途中から心移りしました。

そんなに人気ではない?

パイナップルが一番だという人はそんなに多くなさそうです。NHK放送文化研究所による2007年の調査だと、パイナップルは好きな果物ランキングで13位でした。(1位はイチゴ)

[amazonjs asin=”4140882425″ locale=”JP” title=”日本人の好きなもの―データで読む嗜好と価値観 (生活人新書)”]

情報古くない? というツッコミもありそうですが、そこはお目こぼし願います。同研究所による1983年の調査でも14位でしたし、現在も日本人にとってのパイナップルの位置づけはそんな変わっていないでしょう。きっと。おそらく。たぶん。

そんなパイナップルを僕が好きになったのは中学生の頃です。今でもパイナップルを食べると、ちょうどその時期の甘酸っぱい思い出が浮かびあが……らないんだよなあ。そんな思い出ないんだよなあ。

詩的な人間になりたかったです。

唇から血が出た

そんなことはさておき、先月末の話です。スーパーで購入したパイナップルをカットし、夕食の後に食べたんですよ。久々に食べるパイナップル。やっぱりおいしいですね。酸味が強かった気はしましたが。

ごはんの後だったこともあり、数切れで満足した僕はティッシュで口元を拭きました。するとどうでしょう。何か薄く赤っぽいものが付着しているではありませんか。赤い物なんて食べたっけ? と思いつつ再度拭いてみると、これまた赤く滲んでいます。

不思議だなあと鏡を覗いてみると、唇から出血していることに気付きました。ただ、噛んだ覚えもなければ切れた感覚もありません。なぜだろうとしばらく考えていたのですが、ふと特定のフルーツを食べると口の中や喉が痛くなる人の存在を思い出しました。

この出血もフルーツのせいなんじゃないの?

そう思ってググったところ、これがビンゴだったのです。

出血した理由

カットパイン

どうやらパイナップルに含まれる“針状結晶”“酵素”に原因がある模様。

未熟な果実には多量の酸の他、シュウ酸カルシウムの針状結晶などを含むため、食べ過ぎると口内は荒れ、さらに先述のブロメラインの酵素作用によって組織のタンパク質が分解され、出血にまで至ることがある。

「パイナップル」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』。2016年2月11日 (木) 06:55 UTC

僕が食べたのは買ったばかりで酸味も強かったし、きっと未熟なパイナップルだったのでしょう。それに加えて酵素が働いたため、血が出るに至ったのだと考えられます。

出血したのは初めてだったので、これまで食べていたのはちゃんと熟したものだったのでしょうね。運が良かったんだなあ。

そうそう、生のパイナップル(加熱処理された缶詰のものでなく)で肉類が柔らかくなるって言いますよね。あれはブロメラインという酵素のおかげだったんですね。勉強になるなあ。

悲しい

感心している場合ではありません。大好きなパイナップルを食べて出血したんですよ。悲しすぎます。確かに、これまで口の中がピリピリすることは何回かありました。でも、出血するなんてのは今回が初めてです。これまでいくら食べても平気だったのに……。

あれだ。ずっと好きだった人に突然冷たくされたような気分ですよ。寝ている時の夢でも辛いのに、あいにくこれは現実です。正夢にならないといいな、と願うことさえ叶いません。

はあ……。こんな1回の出来事で心が動揺するのは僕が未熟者だからでしょうか。

いや、待ってください。食べて血が出たパイナップルを好きだった人に見立ててみましょう。それなら僕が未熟者だとしても喜ばしいことではありませんか?

なぜなら、そのパイナップルもまた未熟だったと考えられますからね。好きな人との共通点を見つけられると実に嬉しいものです。

 

……無理やり「上手くまとめた感」を醸し出してみたものの、好きな人になぞらえたのはアウトだった可能性が否めません。理由はお察しの通りです。