FRESH「ティートリークリーム」は爽快感と安らぎ感が得られるスキンケアアイテムでした

FRESHティートリークリームの外箱

今回は、香り豊かなスキンケアアイテムとしてFRESHのティートリークリームを紹介していきます。

この商品、通販サイトのレビューでは女性による口コミが圧倒的に多いのですが、男性である僕でも問題なく使えたので、性別に関係なく愛用可能なクリームだと思います。

さて、ティートリークリームは次のような方におすすめです。

  • メイドインジャパンの保湿クリームを探している
  • 肌荒れを防ぎたいと思っている
  • ティートリー・ラベンダー・カモミールの香りが好き
  • 「100%植物由来」や「無添加」に魅力を感じる

一方、申し訳ないのですが、正直に言うと次の方にはおすすめできません。

  • ティートリー・ラベンダー・カモミールの香りが嫌いだったり苦手だったりする

ここからは商品を紹介するとともに、使用した感想について書いていきます。

スポンサーリンク

ティートリークリームの成分

FRESHティートリークリームの外箱の裏面

ティートリークリームの外箱には、その成分についての記載があります。

様々な成分からなる当クリームですが、その中でも特に「オーガニックティートリー」と「オーガニックラベンダー」という2つの精油が推しポイントであるようです。

前者は「お肌を整え清潔感あふれるクールな香り」とあり、後者は「全ての肌質に使用できリラックスできる香り*1」と説明されています。*1 肌に合わない場合は使用を中止する旨の記載もあり。

このことからティートリークリームは「香りを楽しみながら肌を整えることのできるクリーム」であることが最大の特徴だと言えるでしょう。

また、成分という観点からは以下のような特徴もあります。

  • オーガニックエッセンシャルオイルを使用
  • 合成香料・合成着色料不使用
  • シリコン・パラベン不使用

ティートリークリームの使用感レビュー

箱から出したFRESHティートリークリーム

外箱を開けるとオシャレな感じの容器が出てきました。

サイズは素人採寸で幅5.2cm、奥行き5.2cm、高さ5.5cm。内容量は60g。

持ち運びに関しては、普段の外出時には「ちょっと大きいかな?」という感じです。容器も遮光瓶であるため、内容量以上の重さがあります。

もし持ち運びたい場合は、自分で小さめのサイズの遮光瓶を購入した方がベターでしょう。ちょっと検索して調べたところ、色は茶色のものが遮光性が高くて良いようです。

FRESHティートリークリームの容器の中身

蓋を開けてみました。

しばらく使用していたのでクリームがだいぶ減っています。ちなみに、目安として3ヶ月以内に使いきることが推奨されていました。

この状態でもティートリーとラベンダー、カモミールの香りが広がってきます。しばらく使ってきた今でこそ香りが少し和らいだように感じますが、新品時は割とインパクトある強さの香りでした。

先述した「ティートリー・ラベンダー・カモミールの香りが苦手な人にはおすすめしない」というのは、まさにこの香りの強さが理由です。

香り全体の印象としては、ティートリーの香りが前面に出てきて、その次にラベンダーの香りがあり、さらに奥にカモミールの香りがあるように感じました。

エヌジマ
正直なところ最初は香り(特にティートリー)がきつく感じたのですが、嫌な香りではないので毎日使用しているうちに慣れました。

ここまで何度も書いてきた「ティートリーの香り」。アロマに興味を持っていない方、特に男性にはピンと来ないかもしれません。

そこでざっくりとまとめてみました↓

ティートリーとは
ティートリー(学名:Melaleuca alternifolia)はフトモモ科の植物。爽快感・リフレッシュ感の溢れる樹木系の香りが特徴的でスーッとする鋭さがある。その清潔感ある香りをいかし、ティートリーの精油を掃除に利用する人もいる。なお、ティートリーはティーツリーやティートゥリーとも表記される。

こんな感じですね。

さて、クリームの使い心地に話を戻しましょう。

手に取ったFRESHティートリークリーム

指ですくってみました。

実際の感触としては、こってりとしたクリームという印象です。日焼け止めクリームによくあるようなサラッとしたような肌触りとは対極な感じ。

瓶の中のクリームを清潔に保つために毎回石鹸で手を洗ってからすくっていたのですが、最近とあるものの存在を知りました。

スパチュラです。

こういうものがあるんですね。これでクリームをすくえば指をつっこむのよりも衛生的です。爪のあいだにクリームが挟まるなんてこともありません。あったら便利そう。

手のひらにつけたFRESHティートリークリーム

記事用の写真を撮るにあたり、どこに塗ろうかと考えた挙句、何を血迷ったか手のひらへ。

先ほど「こってりしている」と言いましたが、その割には少量でも伸びが良いです。(サラッとした日焼け止めクリームと比べるとさすがに落ちますが)

手のひらに伸ばしたFRESHティートリークリーム

塗った後の手のひら。さっきの画像より血色がよく見えるのは、ちょうど部屋が明るくなったタイミングでシャッターを押してしまったからです。

まあ色は置いといて、肌にうるおいやツヤが与えられているのが見てとれるのではないでしょうか。みずみずしい感じになっています。

塗った部分の肌触りとしては、しっとりしているものの、変なべたつきはありません。適度に肌の水分を保ってくれているようです。

香りについては、塗っている最中はもちろん、塗った後も持続しています。ふとした瞬間に香ってきますね。ティートリーの香りによる爽快感、ラベンダー・カモミールの香りによる安らぎ感を味わえますよ。

エヌジマ
これはあくまで僕の場合ですが、結構長く香りが残るように感じたので、肌が露出する部分、例えば顔に広く塗る場合は外出前ではなく夜の入浴後に塗っていました。

ティートリークリームの外箱に記載されていた「使用上の注意」も載せておきましょう。

FRESHティートリークリームの使用上の注意

上の方でも書いたように、肌に合わない場合は使用を中止しましょう。そして本格的な使用の前に肌の目立たないところでテストをしておきましょう。

このような内容は大抵の化粧品に記載されていますね。大切なことです。

なお、箱には記載がなかったものの、FRESHの通販サイトにて「対象年齢は生後12か月以上」と記載されていました。

おわりに

今回はFRESHのティートリークリームについて紹介してみました。

  • メイドインジャパンの保湿クリームを探している
  • 肌荒れを防ぎたいと思っている
  • ティートリー・ラベンダー・カモミールの香りが好き
  • 「100%植物由来」や「無添加」に魅力を感じる

上記のいずれかに当てはまる方はぜひチェックしてみてください!

レビューをもっと見たいという場合は、楽天市場の「ビーナチュラル」というショップにあるティートリークリームのページから3,000件を超えるレビューが見られますよ。きっと参考になると思います。