え?薬の瓶に入っているビニールって捨てるものなの?

恥ずかしながら今まで知らなかったのですが、薬の瓶に入っているビニールはすぐ捨てちゃった方が良いみたいです。

スポンサーリンク

そもそも、何のことについて言っているかというと…↓

ビオフェルミンの瓶に入っていたビニール

この画像で分かるように、錠剤のビンに入っているビニールのことを指しています。

僕は今までこのビニールを入れっぱなしにしていました。特別な考えがあってのことではありません。とりあえずそのままにしておいた方が良いのかと思っていたのです。

ところが、家にあった新ビオフェルミンS錠の説明書きを見てみたところ、次のような注意書きがしてあったんですよ。

ビオフェルミンの説明書き

赤枠内にあるように「詰め物を再びビンに入れると湿気を含み品質が変わるもとになる」という理由で、蓋を開けたらすぐに捨ててしまうのが正解なようです。また、このほかにも「ビニールを出し入れすると雑菌や異物の混入を招く恐れがある」という理由があるみたいです。

では、このビニールは何のために存在しているのかという話なのですが、これまた赤枠内にあるように「輸送時に錠剤が破損するのを防止するため」に詰められているようです。これが無いと錠剤がガラスにぶつかったり、錠剤同士でぶつかったりして割れちゃう可能性があるんですね。

つまり、ビニールの存在理由から考えると、自宅で保管する段階になればその役目はもう果たしたと言えるわけです。

あなたの家にはビニールを入れっぱなしにしている薬の瓶はありませんか?

薬の品質を損なわないためにも、早いところ取っちゃった方が良さそうですよ!

この記事を書いた人

エヌジマ

エヌジマ

三十路の唐変木。学校など特定の社会的状況で話せなくなる場面緘黙(ばめんかんもく)を過去に経験。現在も雑談は大の苦手で、時に緘黙の症状が出ることも。このブログでは自分の日常や「紹介したい!」と思ったものを中心にいろいろ書いています。