古宇利島の「ハートロック」。確かにハートに見えましたよ!

先日、沖縄の古宇利島にある「古宇利オーシャンタワー」に行ってきました! という記事を書いたのですが、同じ日にハートロックにも行っていたので別記事として書いてみました。

スポンサーリンク

序盤は縦撮りだったり横撮りだったりで写真のサイズが異なっており、ちょっと見にくくなっていますがあらかじめご了承くださいm(_ _)m

場所は古宇利島北部のティーヌ浜。

ハートロックの料金所

道に出てた看板に従って進むと、有料駐車場がありました。確か1時間300円で1日500円だったかな?海の家風の建物があってそこで料金を払いました。このときすごく儲かりそうだなと思いました。

駐車場から浜辺へと通じる道

駐車場から浜辺まで歩いていきます。

遠目に見えるハートロック

…と、前方にそれらしき岩が!

やや遠目に見えるハートロック

もっと近付いてみました。

あれっ?ハートに見えなくない?

この日までハートロックの存在自体を知らなかった僕は、そんなことを思ってしまいました。

しかし、浜辺に降りて右側に歩いてみると…

浜辺から見たハートロック

おや?

2つの岩が重なってハート型に見える

ハートやん

間違いなくハート型の岩

完全にハートやん!ハートロックやん!

沖縄版アダムとイブ伝説が残り、恋島とも呼ばれるこの島。その地において自然の力がハート型の岩を生み出すなんて神秘的だなあ、と柄にもなくちょっと感動しました。

ハートの形に見えやすい位置

ちなみに、このようなハート型に見えるのはだいたい赤枠のあたりです。

直前の天気にも左右されるのかもしれませんが、ここの砂はとても柔らかかったです。高さ30cmくらいの岩から砂浜に飛び降りたところ、くるぶしの上まで埋まってしまいました。普通に歩くにしても、注意しないとずぼっといきます。当然、靴の中は砂まみれです。

そうそう、注意点といえばもうひとつ。

不安定な足場

この画像で伝わるかは分かりませんが、ここは結構足場が悪いです。浜辺に降りてくるまでの間にごつごつした岩場を降りてくる必要があります。

ヒールを履いていた女性もいたのですが、かなり大変そうでした。ハートロックを見に行く際は、歩きやすく足元が安定した靴を履くのがベターだと思われます。

とはいえ、3歳くらいのお子さんでも親御さんに手を引かれ降りられていたので、危険っていうほどではありません。なかなか良い場所でしたし、古宇利島に来たら気軽に立ち寄ってみることをおすすめします!

<おまけ>

古宇利大橋の脇にある浜辺にも少し寄ってきました。

浜辺から見える古宇利大橋

正面に見えるのが古宇利大橋。良い眺めです。

古宇利大橋脇の浜辺

本当に海の色が綺麗。

波打ち際

ちょっと波打ち際に近づいてみました。

透明感の強い海

なんだこの透明感。素直にそう思いました。

こちらは場所も分かりやすく立ち寄りやすいですし、ぜひ訪れてほしい場所です。

今後は美ら海水族館や琉球村に行った記事も書きたいと思っているので、良かったらそちらもご覧ください!

この記事を書いた人

エヌジマ

エヌジマ

三十路の唐変木。学校など特定の社会的状況で話せなくなる場面緘黙(ばめんかんもく)を過去に経験。現在も雑談は大の苦手で、時に緘黙の症状が出ることも。このブログでは自分の日常や「紹介したい!」と思ったものを中心にいろいろ書いています。