沖縄の古宇利島にある「古宇利オーシャンタワー」に行ってきました!

先日、沖縄県へ3泊4日の旅行をしてきました。今回はその2日目に行った古宇利オーシャンタワーについて書きたいと思います!

どんな施設?

古宇利オーシャンタワー入口

古宇利オーシャンタワーには海を眺められる展望台や貝殻の展示室のほか、お土産ショップやレストランなどがありました。その名称にある通り今帰仁村の古宇利島に存在しています。オープンは2013年秋と割と最近。

ちなみに入園料は大人1人800円(2015.01.08時点)でした。

カートで上へ

チケットの購入後、カートでタワーの入り口へと向かうことになります。

オーシャンタワーへ向かうカート

ハンドルが付いていますが自動運転です。

カートから見えた海

途中、海も見えました。

カートから見える風景

その後ものんびりと走行。

だいたい7分くらい乗車し、オーシャンタワーの建物に到着。カートを降りるとスタッフさんが写真を撮ってくれました。なお、撮影は無料ですが、希望の際は購入する必要があります。

シェルミュージアム

建物内に入ると、まず貝殻の展示がありました。その数なんと10,000点以上!世界中の貝が集まっています。

ここで個人的に気になったものを少し。

カラフルなヒオウギ貝

ちょっと分かりにくいかもしれませんが、パープル、オレンジ、イエローなどの色とりどりな貝殻です。すべて自然の色彩だというカラフルなこの貝の名称はヒオウギ貝。意外にも刺身や炭火焼などで調理される食用の貝だそうです。

ウミウサギという貝

続いてはウミウサギ。
かわいい。名前からしてかわいい。形もかわいいし円状になってるのもかわいい。

ハート貝という貝

最後にハート貝。
これまたかわいい。形がハートなんだからそりゃかわいい。

上から見たハート貝

真上から見た方が分かりやすいかも。

今回はこれだけしか紹介しませんでしたが、実際には様々な大きさや形のバラエティに富んだ貝が展示されていました。展望台のような物しかないと思って訪れた僕にとっては、ある意味サプライズ的な感じで楽しめました。

展望台

貝の展示室を抜けるとお土産屋さんがあり、さらにそこを抜けると古宇利島に関する簡単な展示がありました。

展望台1階の展示

この画像に写っているのはその展示の一部で、他にも島で行われる年中行事等の説明があってとても勉強になりました。

展望台のフロア図

この展示室の上に展望フロアがあります。この日は強風の影響かオーシャンデッキスタジオは封鎖されていました。

2階からの風景

これは2階で撮った写真。
ここからiPhoneを横向きで撮り始めてます。統一感なくてすいません。

3階からの風景

これは3階から。

3階から見える古宇利大橋の写真

同じく3階から。中央に見えるのは古宇利大橋です。古宇利島に車で渡ってくるにはこの橋を通る必要がありますが、その際車中から見えた景色は格別でした。写真?すいません撮ってません…。

また、4階からの写真も撮り忘れてしまいましたが、こちらはオーシャンタワーに行った際に直接ご覧いただければと思います。きっと「やっぱり沖縄の海はキレイ!」と感じるはず!

古宇利オーシャンタワーはなかなか良いところだったので、沖縄旅行で古宇利島に訪れた際にはおススメのスポットです。

<おまけ>
帰りのカート
帰りも自動運転のカートで下ることが出来ます。が、上りとは異なって距離がとても短い上に隣が歩道となっているので少し恥ずかしかったり…。

施設名:古宇利オーシャンタワー
住所:沖縄県国頭郡今帰仁村古宇利538
電話:0980-56-1616
URL:http://www.kouri-oceantower.com/

この記事を書いた人

エヌジマ

エヌジマ

三十路の唐変木。学校など特定の社会的状況で話せなくなる場面緘黙(ばめんかんもく)を過去に経験。現在も雑談は大の苦手で、時に緘黙の症状が出ることも。このブログでは自分の日常や「紹介したい!」と思ったものを中心にいろいろ書いています。詳しくは当ブログについてをご覧ください。また、お問い合わせはこちらのフォームからどうぞ。