【PV】他人のブログ運営報告で落ち込まなくてもいいと思う【収益】

久々にブログ関係記事を。今回言いたいのはタイトルにある通り。月初めには数多くのブロガーさん達がアクセス数などを公開する記事を投稿しますが、それを見て参考にすることはあっても落ち込む必要はないと思うのです。

お金がブログ運営の第一目的でないならば、の話ですけどね。

スポンサーリンク

僕も書いていたし気にしていた

当ブログは現時点で運営開始から5年2ヶ月くらい経っているのですが、3年目くらいまでは運営報告記事を書いていました。今は消してしまいましたけどね。

そういう記事を書かなくなったのは、アクセス数もそれほど伸びず、よく読まれる記事もある程度固定化されていたことで、毎回ほとんど同じ内容を書くことになってしまったためです。

また、かつては他人の運営振り返り記事が好きで、月初めにはグーグルにて時間指定で検索して読むほどでした。

  • 「えっ、1か月目からそんなに読まれてるの!?」
  • 「1年で数十万PVはすごすぎ!」
  • 「それに比べてうちは長くやっているのに負けている……」
  • 「ブログやってて意味あるのかなあ……」

勉強になることもあった一方、ネガティブな感情を持つことも少なくありませんでした。

しかし、多くの運営報告記事を読んでいると気が付きました。

ブログで扱う内容も記事数も全然違うのに比べたって僕にとっては意味がない、と。

そして、そもそも自分がブログを始めた理由は「大学を卒業して自分で文章を考えて書く機会がなくなってしまったから」じゃないか、と。

PVを集めたり収益を得たりすることが第一目的ではない、と初心を思い出し、他人は気にせず自分のペースでやっていこうと思ったのです。

うちは5年ちょっとやって月間4万6千PVですよ

そうしてマイペースに続けてきた結果、当ブログは現在46,000PV/月程度となっています。人によってはブログ開始後数ヶ月で達する数値でしょう。

ちなみに、当ブログにおける開設以来の月間PV数の推移は以下のような感じです。

3ヶ月後:47PV
半年後:約4,000PV
1年後:約8,000PV
2年後:約7,000PV
3年後:約13,000PV
4年後:約24,000PV
5年後:約40,000PV
5年1ヶ月後:約46,000PV

「5年もやってその程度なのによく続けていられるね?」と思われるかもしれません。

せっかく公開しているわけですから、より多くの人に読まれたら嬉しいなという気持ちは確かにあります。

しかし、ブログを辞めたいなと思ったり、落ち込んだりすることはありません。自分が書きたいと思って書いたことを多くの人に届けられているからです。

月間PV数こそ4万6千程度ですが、これまでの累積PV数は90万を超えているのです。

何者でもない個人が書いた文章が90万回も読まれてきたという事実、自分で言うのはアレかもしれませんが、すごいことだと思います。

自分と同じ人間が見てるってこと

ブログをやっていると忘れがちかもしれませんが、PVという数値の向こう側には人間がいるのです。自分と同じ生身の人間がページを見ているのです。

あなたが他人のサイトやブログを見た時に「参考になった!」「タメになった!」「助かった!」「共感した!」「言いたいことを代弁してくれた!」など様々な感想を持つことがあるかと思います。

それと同じように、例えばグーグルアナリティクスの画面にリアルタイムの訪問者数が1と表示されている時、自分が書いたものに対して何らかの感想を持ってくれる、生きている人間が存在しているのです。

こう考えると、PV数というものの見方、そしてブログそのものに対する見方が変わってきませんか?

もちろん、PV数を増やしたり収益を上げたりというのもブログ運営をしていく中での楽しみであると思います。

しかし、何もそれらがブログ運営のすべてではない、ということを他人の運営報告記事を見て落ち込んでいる方に言いたいです。