虫歯の治療で「痛かったら手をあげてください」と言われても我慢してしまう

先日の歯医者で虫歯を治療したらしたで不安になりませんか?に続き、今日も同じく歯医者シリーズ(?)の記事を書きたいと思います。今回は治療している最中についての話。

上で紹介した記事にもあるように、歯医者に行ったら虫歯(C1-2)が見つかったんですよ。それは親知らずの抜歯を済ませてから治療したのですが、医師が「これくらいなら麻酔なしでもいけるかなあ……」みたいなことを言いましてね。

それを聞いた僕は少し不安になりました。かつて別の歯科医院で治療をした時、「この程度なら麻酔なしで大丈夫でしょう」と言われたものの、かなり痛かった記憶があるためです。

医院側も麻酔を節約したいんだろうなあと思っていると、医師に「とりあえず麻酔なしで削ってみるので痛かったら手をあげてください」 と言われ、治療が始まりました。

スポンサーリンク

あっ、大丈夫じゃん! と削り始めは思ったのですが、すぐに痛みがやってきました。しかもなかなか痛い。正直手をあげたかったです。でも、できませんでした。

なぜかというと、根性無しだと思われるのが恥ずかしかったからです。

馬鹿げていると思われるかもしれませんが、どうしてもこの考えが頭に浮かんでしまい、手をあげるのを我慢してしまうのです。子どもの頃からそうなのです。

虫歯になりやすい体質なのか、これまで何回も削って詰める治療をしてきました。 そのたびに「痛かったら~」と治療前に言われたものの、手をあげることはありませんでした。「え? このくらいで痛いの? 手をあげちゃうの?」と思われたら嫌だったからです。

医師は毎日多くの人の治療をしているし、実際に手をあげる人もまた多く見てきたはずだから、おそらく手をあげてもなんとも思われないはず。しかし、”もしかしたら”ってことがありますからね。それが怖いのです。

そうそう、僕が長男だってことも影響しているかもしれません。「お兄ちゃんなんだから我慢しなさい」と子どもの頃よく親に言われていた気がします。そのため、今でも痛いときに限らず、いろいろと自然に我慢してしまうきらいがあるんですよ。

そんな性格(?)に加え、「このくらいで手をあげちゃうんだ? 根性ないなあ(笑)」と思われることを危惧してしまい、素直に手をあげられないのです。

ちなみに、医師が「痛かったら~」と言うのは、基本的には麻酔の必要性や効果をはかるためだそうですよ。気になっていろんな歯科医院のHPなどを見てまわっていたら、そんなことが書いてありました。

つまり、変に我慢するのは別に褒められたことではなく、むしろ良くないことだと言えるのかもしれません。

ただ、手をあげても医師によっては「はいはい、もう少しだから我慢してくださいねー」的なことを言う可能性もあるため要注意です。恥ずかしいな。でも痛いな。あげちゃえ!→はいはい……という流れになったら、それこそ恥ずかしい気持ちでいっぱいになりそう。

なお、僕が前に治療した時は、手をあげていないのにもかかわらず「大丈夫ですか?」と医師に何回も尋ねられました。おそらく、痛みに耐えるあまり、眉間にしわが寄ってかなり険しい表情をしてしまっていたのでしょう。

そんな顔を治療中ずっと医師に見られるより、素直に手をあげてしまった方が恥ずかしくないのは、火を見るよりも明らかです。今となっては少し後悔しています。

しかし、治療する機会が今後あったとしたら、それでもやはり手をあげずに我慢してしまうのだろうと思います。一体何と戦っているのでしょう。自分でも分かりません。