Amazonで買った服を無料で返品した際の流れをまとめました

この記事ではAmazonで購入した服の返品方法について書いています。

既に購入したものを返品しようと考えている方や、これから購入するけどイメージと違ったりしたらどうしようと考えている方の参考になればと思います。

2021年3月31日追記
本記事は2018年3月27日に初公開したものですが、「商品ページに『返品無料』となくとも販売元ページに返品無料の旨が記載されているケース」について2021年3月31日に追記しました。なお、記事内の画像は2018年当時のものがありますが、現在も同じ方法で返品可能です。

返品無料の商品か確認する

話の前提として、僕が購入したのは「30日間返品無料」とされていた商品です。Amazon Fashionの中には無料での返品ができない商品もあるのでご注意ください。

無料での返品ができるケースは、「商品ページに『返品無料』の記載がある」ケースと「商品ページに『返品無料』の記載はないが販売元の情報ページには記載がある」ケースです。

それぞれ具体的な商品ページを例に見ていきましょう。

商品ページに記載がある例

「30日間返品無料」の商品ページはこんな感じです。

商品名の下に「返品無料(一部対象外)」とありますね。

ここでサイズを選択すると……

「返品無料」と表示が変わりました。

そのリンク部分(青文字の部分)をクリックしてみると……

「この商品は返品無料です」という文言とともに、到着後30日以内であれば試着後も返品が可能である旨が表示されます。

また、「詳しい条件はこちら」とあるように、返品無料商品といえども無条件で返品できるわけではありません。室内で試着する、商品タグを外さない、などの条件があるのでAmazonのヘルプページをご確認ください。

販売元ページに記載がある例

まずこちらの画像をご覧ください。

先ほど見たのと異なり、この商品は価格の横に「返品無料」の記載がありません。

しかし、次の画像のように商品ページには販売元ページへのリンクが存在する場合があります。

この「株式会社ベイクルーズ」というリンクをクリックすると、販売元である株式会社ベイクルーズのプロフィールページへと移動し、特定商取引法に基づく表記やフィードバック(ユーザーからの評価)などが表示されます。

そういった項目の中に返品について記載されていることがあります。

Amazonにおけるベイクルーズの返品規定画像

この画像はAmazonにおける株式会社ベイクルーズの返品についての記載の一部です。

このように商品ページには返品可能な旨が記載されていなくとも、販売元ページには記載されているケースがあるのです。

もちろん、返品についての決まりは販売元によって異なります。

ベイクルーズでは商品注文日から30日以内の返品を受け付けている(2021/03/31現在)のですが、商品到着日から30日以内なら可、商品到着日から8日以内なら可、などと販売元によって返品可能な条件は大きく変わってきます。

返品条件についてはしっかりと目を通さなければならないことが分かりますね。

返品手続き開始

「商品ページに返品可能の記載がある服」を例として書いていきます。「販売元ページに返品可能の記載がある服」も返品方法は基本的に同じです。

エヌジマ
Amazonのサイト内にも返品の流れについては書いてあるのですが、体験談という形を通すとより理解しやすいのではないかと思います。

まず、「注文履歴」のページから<商品の返品>ボタンを押します。次の画像内だと右側にそのボタンがあります。

返品する商品を選ぶ画面に移るので、返品希望商品を選択します。その際、返品理由の選択と具体的理由の記入が必要となります。

具体的理由については「商品ページ記載のサイズ表や画像をもとに購入しましたが、実際に室内で試着してみるとイメージと違ったので返品いたします。」みたいなことを書いた記憶があります。

その後、次のページへ進むと確認を促されます。

問題なければ「次に進む」を押しましょう。

返品リクエストの確認メール(返品受付メール)が届きます。

梱包して着払いで返送

メール内の「返送方法を確認」を押すと、次のページに移ります。

「返送手続きを開始」を押すことで「詳しい返送手順」を確認することができます。

いろいろ書いてありますが、僕は次のように返送しました。

  1. プリンターで返品受付IDが書かれた紙を印刷
  2. 購入時の箱を利用して梱包
  3. 日本郵便の集荷サービスに来てもらって着払いで返送

なお、プリンターが無い場合は「詳しい返送手順」内の「プリンターを使わない返品・交換の手続き」に従います。……と言っても「返品受付IDを自分で記載したメモ」などを用意するだけなので難しくありません。

こんな感じに1つの箱に商品をまとめて……

印刷した紙も一緒に入れて封をし、集荷に来た人に渡しました。

なお、手続き開始後の「詳しい返送手順」ページ内にある「着払いで申し込み」のURLから集荷依頼をすると、こちらが返送時の着払ラベルを用意しなくてもいいのでとてもラクでした。

返送後~返金完了

返送してからはとても早かったです。

次の日には以下のメールが。

返金手続きが完了し、「1-3日程度(目安)で返金されます」とのこと。このスピード感はさすがAmazonといったところですね。(時期や販売元によって返金までの期間は変わる可能性があります)

おわりに

今回はAmazonで購入した服を返品した時の流れについて書きました。本記事が何らかの参考になれば幸いです。

実際に返品する際には必ずAmazon内のヘルプページを確認しながらおこなってくださいね。また、購入前にも返品条件などは一読しておくことを強くおすすめします。