美容室にて「もう来ないでほしい」という趣旨のことを言われた話

今回の記事は愚痴が含まれています。不快にしてしまったら申し訳ないです。

先日、これまで何回か通っていた美容院に行ったところ、「もう来ないでほしい」という内容の発言を美容師さんにされてしまいました。

理由はズバリ、「店のコンセプトと合わないから」だそうです。

いつもと変わらず……と思いきや

落ち着いた店内の雰囲気とカットの上手さが気に入り、1年以上通っていた個人経営の美容室。今回もいつものように予約を入れ、店へ向かい、いつもと同じように施術を受けました。

席に着くと「今日はどのくらい切りますか?」と聞かれ、「〇〇cmくらいでこの場所は△△な感じでお願いします」と返答。「ではそんな感じで」と美容師さんが切り始めます。

そこからは必要最低限の会話のみで、世間話をすることはありません。

以前、ネット予約をした際に、接客の要望として「なるべく静かに過ごしたい」という選択肢をチェックしたためです。それ以降はチェックせずともプライベートな内容について聞かれることなく、静かに過ごさせてもらっていました。

他に「特にこだわらない」や「なるべく楽しく話したい」があったのですが、美容室での会話が苦手な方なので「なるべく静かに~」を選んだのでした。選択肢として提示されたため、選べるのなら選んでおこうと思ったんですね。(後で書くようにこれがダメだったわけですが)

さて、施術の方はカットがある程度進み、シャンプーへ。髪を乾かして仕上げの調整をして終了。手鏡を後頭部に持っていって仕上がり具合の確認も終了。さあ、お会計……というところで、いつもとは違った展開に。

この美容師にとって僕は嫌な客だったらしい

「美容室では静かに過ごしたいんでしたっけ?」

美容師さんの唐突な発言に戸惑いつつも、かつて「なるべく静かに~」とチェックした手前、「どっちかと言ったらそうですね」と返答。

すると、「ちょっとうちとは合わないですね」と言われ、続けて次のような内容のことも言われました。

  • うちの店では会話を大切にするコンセプトだ
  • 静かに過ごしたい人はうちのコンセプトに合っていない
  • だからうちじゃなくて違う店に行った方がいい

「1年以上経ってからそんなこと言うの?」と思いつつ、僕は「会話ゼロが絶対!」なんて考えでは全くなかったので、静かに過ごすのに強いこだわりがあるわけではないと伝えようとしたところ、間髪をいれずこんなことも言われてしまいました。

  • 「〇〇cm切ってほしい」と言われて切るやり方が嫌だ
  • 会話の中でこっちから髪型を提案していきたい
  • 無言で髪を切るのがつらい

こういった発言が矢継ぎ早に飛んでくるなか、「初回からずっと『どのくらい切りますか?』という聞き方をしてきたのはどっちだ」、「会話を大切にと言いながら一度も名前を呼ばれたことないし作り笑顔のひとつさえ見たことないな」、「カウンセリング時にアドバイスを求めたら困惑した表情で無言を貫いたのはどっちだ」、「ブログ等であらかじめ書いておいてほしかった」、など頭にいろいろと思い浮かべながら聞いていました。

やはりそうだったか

美容師さんの発言に困惑したのは確かですが、一方で「やっぱりな」と思ったのも事実。

なぜなら回数を重ねるに連れて対応が雑になっていたからです。初回や2回目は1時間程度だった施術時間が、前回や今回は30分ちょうどで終了。仕上がりも以前と比べれば少し雑。思い返せば整髪料が付いた状態のままカットし始めることがあったり、カット後に整髪料を付けるか否かという質問がされなくなったり、挨拶しても表情ひとつ変えなくなったりしていました。

僕自身も「単価も低い(カラーやパーマをしない)し望まれていない客なんだろうな」という感覚はあったものの、先述の通りカットの上手さは気に入っていましたし、新たに美容室を探すのも面倒だったので通い続けていました。

しかし、美容師さんは我慢ならなくなったのでしょうかね。

単に「コンセプトとずれている」と言うだけにとどまらず、一方的に「他の店に行くべきだ」とまで言っていることから、諸々の発言は「もう来ないでほしい」という意思表示なのだろうと僕は受け取りました。

はっきり「出禁だ」と言われたわけではないですが、もう二度と行くことはないでしょう。

学んだこと

まず単純に、世の中にはこんなこともあるのだと勉強になりました。無茶なクレームを付けたわけでもなく「もう来ないでほしい」と言われたことは初めてだったので貴重な経験ができました。

その経験は、今後の美容室や美容師の選び方に生かせたらいいなと思います。

人が少なくて落ち着ける空間が好みなので、これまでは個人経営であることを重視していました。しかし、個人経営店には客を選り好みしやすいという一面もあるのだと気が付かされました。もちろん、美容室次第ですけどね。

また、これまでは意識の高さも選ぶ基準にしていました。ブログやSNS等をチェックし、仕事への取り組み方や考え方などから「この人に任せたい」と思える職人気質の美容師を探していました。

そうして見つけたのが今回の美容師さんでした。確かに技術面は良かったのですが、「プロ意識が高いとこだわりも強いのだな」と実感させられました。いや、こだわりの強さがその人をプロフェッショナルたらしめているのかもしれません……まあそれは置いておきましょう。

これは勝手な想像ですが、おそらく理想とするスタイリスト像・サロン像があり、それを実現するためには僕のような客は不要、というか邪魔だったのでしょう。プロ意識の高さ、こだわりの強さがあのような発言をさせたのでしょう。

もっとも、髪型を作り上げるプロとしての意識は高くても、客商売としてどうなんだと思わないことはないですが。

先ほど、今後の美容室や美容師の選び方に生かせたらと書きましたが、実際は通ってみないと分からないことが多いですよね。これからは変に自分の中で判断基準を設けてこだわらず、「自分に合う人が見つかればラッキー」という軽い気持ちでいろんなお店に足を運んでみることにします。