【自分へのご褒美】男性向けおすすめ腕時計ブランド&おすすめショップ【PR】

ボーナスは出たけれど使い道に迷っている……

そんな時は、普段頑張っている自分にご褒美を買ってみてはいかがでしょうか。

「いやいや、頑張るのは当たり前だし、何かあった時のために全額貯蓄に回すんだ!」という方もいるかもしれませんが、ボーナスが出るたびにそれだと少し窮屈な気がしませんか? たまには自分のためにパーッと使ってしまうのも一興でしょう。

普段はなかなか手が出ない価格帯のモノでも、ボーナスという後ろ盾があったり、ある程度の貯蓄があったりすれば話は変わってきます。

“良いモノ”を手にすれば満足感が得られるだけでなく、仮にそれが身につけるものであれば、自信にもつながってくるでしょう。

そんなわけで、自分へのご褒美に何を買おうか迷っている方におすすめしたいのがブランド腕時計です。特に就活時に買った時計を使い続けている、なんて方はぜひワンランク上の時計の購入を検討してみてください。

この記事では、おすすめのブランドを紹介するだけでなく、腕時計購入にあたっておすすめのショップであるThe Watch Company (TWC)の紹介もしていきます。

スポンサーリンク

なぜブランド腕時計なのか

そもそも、なぜ腕時計がおすすめなのかというと公私問わず365日使用することができるからです。

頑張って稼いだお金です。せっかく高い買い物をするならば、年に数回程度しか使わないモノよりも使う頻度の高いモノ、とりわけ毎日使えるモノを買いたいと思いませんか?

その点、腕時計はビジネスとプライベート、両方のシーンで活躍する代物なのです。

そういった実用的な面だけでなく、周りの人から好感を得られるのも魅力のひとつです。

2018年に株式会社プラネットが実施した腕時計に関する意識調査において、「すてきな腕時計をしている異性を見たときの印象」 をたずねる設問がありました。

女性1,428人の回答トップ6は以下の通り。

おしゃれ、仕事ができそう、趣味の良さがわかる、好感度が上がる、時間を守りそう、上品な雰囲気を感じる

腕時計が着用している人のイメージアップに貢献することが分かりますね。特別「モテ」を意識していなくても、異性から好感を持たれると嬉しいですよね。

女性からの印象について紹介しましたが、同性から見ても同じような印象を持つのではないでしょうか。

素敵な腕時計を身につけている男性って”デキるオトナ”なイメージがあります。デキる先輩や上司が格好良い腕時計をしていると「おっ」となりますよね。

そんな”デキるオトナ”に近付きたいという理由でブランド腕時計を購入するのも大いにアリでしょう。中身が伴ってこそという意見もあるかもしれませんが、形から入るのもモチベーション向上に繋がるってもんです。

人気の腕時計ブランド

ロレックス

ロレックスの腕時計
▲ロレックス「デイトジャスト」

まず外せないのはロレックスでしょう。その知名度と人気は抜群で、まさに王道といったところ。時計好きはもちろん、時計に詳しくない人にも広く知られているブランドですね。

高級感を醸し出す重厚なボディが特徴的ですが、それでいて上品さも併せ持っており、ビジネス・プライベート両シーンに馴染む実用性の高いデザインの商品が多く展開されています。

そんなロレックスは憧れのモノとして名前を挙げられることが非常に多い印象です。人気モデルとしてデイトジャスト、デイトナ、エクスプローラー、サブマリーナなどがあります。

>>TWCで「ロレックス」の腕時計を見てみる

オメガ

オメガの腕時計
▲オメガ「シーマスター」

オメガもまた知名度の高いブランドで、時計に明るくない人でも「オメガ=高級時計」というイメージは持っていることでしょう。高級時計の中では比較的安価で購入できるため、初めてのブランド時計として選ばれることも多いのがオメガです。

こう聞くと初心者向けのブランドと思うかもしれませんが、NASAの宇宙飛行士が月面着陸時に着用していたのが「スピードマスター」というモデルだったり、1932年からオリンピックのオフィシャルタイムキーパーを務めてきたり、その品質の高さだけでなく魅力的なストーリー性を併せ持っているという点で、時計好きの人々からも支持を集めるブランドなのです。

>>TWCで「オメガ」の腕時計を見てみる

タグ・ホイヤー

タグ・ホイヤーの腕時計
▲タグ・ホイヤー「カレラ」

ロレックスやオメガと並び、着用者の多いブランドであるタグ・ホイヤー。150年以上の歴史と実績を持ちながら購入しやすい価格設定がなされており、高級時計の入門ブランドとしても高い人気を誇っています。

幅広いデザインラインナップを持っているのが特徴のひとつで、とりわけスポーティな印象のデザインが得意。「カレラ」「モナコ」「フォーミュラ1」など、モータースポーツを想起させるネーミングのモデルが展開されています。

スポーティと言っても変に若々しい感じがしたり、ビジネスシーンにそぐわなかったりするようなデザインではなく、スマートさを併せ持った高級感のあるデザインが実用性を担保しています。

>>TWCで「タグ・ホイヤー」の腕時計を見てみる

IWC

IWCの腕時計
▲IWC「ポートフィノ」

「ロレックス、オメガ、タグ・ホイヤーはみんな着けているから避けたい」という方におすすめしたいのがIWC。

前の3つに比べると一般的な知名度は低いものの、時計好きの間では高く評価されており「質実剛健な時計」や「シンプルで高級感のある時計」を探している方は要チェックのブランドです。

IWCの時計が醸し出す品の良さはスーツ姿をランクアップさせてくれますし、オフの場面でもきれいめなファッションにバッチリハマることでしょう。

>>TWCで「IWC」の腕時計を見てみる

グランドセイコー

不ランドセイコーの腕時計
▲グランドセイコー「9S メカニカル」

国産ブランドとして絶大な人気を誇るのがグランドセイコー。一般に広く知られている時計メーカー「セイコー」のトップブランドがグランドセイコーです。

岩手県にある「雫石高級時計工房」や長野県にある「信州 時の匠工房」にて製造されるグランドセイコーの時計は、まさに国内最高峰の技術の結晶と言えるでしょう。

日本国内で部品生産から組み立てまで行われているため、メイドインジャパンのアイテムを欲している方にとっては打ってつけのブランドです。

先に挙げた海外ブランドの商品に比べると決して派手ではありませんが、生涯飽きの来ないであろうシンプルで上質なデザインは1本持っていると重宝しますよ。

>>TWCで「グランドセイコー」の腕時計を見てみる

信頼できるお店で買うべし

さて、おすすめのブランドを紹介したものの、そういった腕時計をどこで買うべきかという問題があります。

オークションサイトやフリマアプリで検索すれば「こんなに安いの?」という価格で売られているのを見かけることもあります。

ついその安さにつられてしまいそうですが、はたしてそれは本物なのでしょうか?

腕時計に限らず、ブランド物はニセモノが横行しているのが現実です。頑張って稼いだお金で買ったモノがニセモノだったらたまったもんじゃありません。

そこで候補にあがるのが通販サイト。ところが、これまたニセモノを掴まされる可能性があります。

通販サイトの中には悪徳業者が運営している見た目だけは立派なサイトが存在します。サイトの見た目が綺麗だから安心、と考えてはいけません。

それではどこで買えばいいのかって話ですが、ズバリ実店舗を持つショップでの購入をおすすめします。

ニセモノである可能性は極めて低く、アフターケア体制も整っているため、信頼感が段違いです。せっかく高い買い物をするならば、安心して購入できるショップを選ぶのが最適解だと言えるでしょう。

The Watch Company (TWC)

TWC店内全景写真
▲TWCの店内

The Watch Company (TWC)」は東京都中野区に実店舗を構えるブランド腕時計専門店。JR中野駅北口から徒歩5分というアクセス良好な場所に存在しています。

大きな特長として、世界各国に持つ独自の仕入れルートで直接買い付けることにより、他ショップよりも安く高品質な商品の提供が実現できているという点にあります。

また、 腕時計に造詣の深いスタッフが常駐しているため、聞きたいことがあればすぐ聞けるというのもグッドです。

いざ数多くの腕時計を目の前にすると「どれにすればいいんだろう……」と悩んでしまいそうなので、知識豊富なスタッフのアドバイスを仰げるっていうのは心強いですよね。

東京から離れたところに住んでいる方でも、公式通販サイトにて数多くのブランドの商品が購入可能となっております。どんな時計があるのかを知るという意味でも、まずはデザインなど見比べてみることをおすすめします。

公式通販サイト内にはスタッフブログも開設されており、プロの視点から注目商品や初心者向け商品の紹介がなされているので、そちらも要チェックです!

きっと素敵な腕時計に出会えますよ。