僕が有給休暇を必ず水曜日に取っていた理由

有給休暇(以下”有給”)、みなさんは何曜日に取るのが好みですか?

もちろん仕事の状況によるところもありますが、金曜日や月曜日に取って連休にするのが多数派ではないでしょうか。僕がいた職場でもそうやって取る人がほとんどでした。

しかし、僕はあえて水曜日に有給を取ってきました。個人的にそちらの方がメリットを感じられたからです。

スポンサーリンク

話の前提として、仕事の特性と僕自身の性格は次のようなものでした。

まず仕事について。僕の仕事は月単位のサイクルでまわっており、月の半分が平常モードで、残り半分が残業の増える多忙モードという感じでした。また、土日休みの完全週休2日制ではなく、奇数週の土曜は出勤日となっていました。

僕自身の性格としては、まず出不精でした。休日も近くのコンビニに出かけるくらいで、ほとんど家の中にいました。連休でもそうです。人混みが苦手なのもあって、外出は好きではありませんでした。疲れやすい性質だったというのもあります。週の仕事が終わると出かける気力なんてなくなっているんですよね。

隔週で週6の出勤があり、連休でも家からの徒歩圏内しか外出しない僕にとっては、月曜や金曜に有給を取ってもメリットをあまり感じられなかったんですよね。

もちろん、月曜や金曜に有給を取るメリットそれ自体は理解しています。

単純に2連休あるいは3連休になりますよね。3連休なんかだとちょっとした旅行も可能です。実際、僕の職場でも有給を取って国内旅行をしていた先輩や上司がいました。良い気分転換となっていたようです。

しかし、さっきも書いたように僕はなかなかの出不精です。仮に3連休があったとしても旅行なんて選択肢にものぼりません。おそらく、3日間ともご飯の買い出し以外は引きこもるような生活となるに違いありません。

確かに、3日も続けて休めるのは魅力なのですが、僕にとっては水曜日に休めるほうがずっと魅力的なのです。

なぜなら、水曜日に休むと息切れせずに1週間を過ごせるためです。

5・6連勤って単純につらくないですか? 僕は疲れやすいので仮に定時で帰れたとしても水曜日あたりにはキツくなります。「まだ週の半分なのか……」って。これが残業続きの忙しい時期だったらどうでしょう。かなりしんどいですよね。死んだ目をして電車に乗ってました。

ところが、水曜日に有給を取るとどうでしょう。5・6連勤を2連勤×2回、あるいは2連勤+3連勤に分断することができるのです。週の真ん中に休日があると疲れが溜まる前に休めるため、体力的にとても楽になるのです。

また、精神的にもかなり楽になります。例えば、5連勤の場合。

月曜:今日と明日行けば休みだ!
火曜:今日終われば休みだ!
水曜:よっしゃ休みだ!
木曜:今日と明日行けば休みだ!
金曜:今日終われば休みだ!

非常にシンプルなのですが、こんな風に1週間を前向きに過ごせました。

水曜に有給を取る予定でいると、直前の日曜にも良いことがあります。夕方以降、憂鬱な気持ちになることがないのです。だって2日だけ仕事に行けば、すぐ休みですからね。「また1週間が始まってしまう……」というブルーな気持ちがかなり薄れます。限りなく透明に近いブルーですよ。よく分からないですけど。

とにかく、体力・精神面でとても楽になれたため、意図的に水曜日に有給を取っていたというわけです。

僕がその素晴らしさに気付いたのは、初めて有給を使った時でした。1年目の新人だった僕は、月曜や金曜に休むのが躊躇われたため、水曜に休むよう申請したのです。

で、いざ休んでみるとこれがなかなか良い。素直に思いました。週の真ん中に休めるとこうも楽なのか、と。それ以来、「月曜や金曜に有給取って連休にしちゃえばいいのに」という先輩・上司の勧めを断って水曜に休むようになりました。

社会人2年目以降だと有給に関して自分のルールが確立しているかもしれません。しかし、そうでなければ、水曜日も候補に入れてみるのを個人的におすすめしたいです。

有給を使って連休にする良さもありますが、週の真ん中に休むことの良さもありますよ!