突然呼び出され、部署異動を命じられました。

先日、仕事をしていたら突然偉い人の部屋に呼び出されました。何か怒られるようなことをしたっけ?と考えてみましたが、全く心当たりがありません。

スポンサーリンク

周りの先輩や上司にも「なにやらかしたの?」と冗談交じりで言われましたが、いくら考えても呼び出される理由は浮かびません。

いまいち集中しきれてない状態で仕事をしていると、約束の時間になりました。いざ部屋に入ると、そこには人事課長やとある部署の課長の姿が。そう、この呼び出しは異動の内示を告げるためのものだったのです。

僕はとても混乱しました。通常は夏に異動がある職場だったからです。

しかし、それよりも「なぜ今の時期なのか」、「なぜ自分なのか」と理解出来なかったことの方が大きかったです。理由として「消費税増税の影響で○○課(異動先)の業務が忙しくなる」ということを言われたのですが、それは今自分が所属している課でも一緒だし、何よりただでさえ人手が足りない部署(今の部署は一時期より人が少なくなり残業も多くなっています)から異動させるなんて理解出来ませんでした。

異動を告げられた時に聞くことが出来れば良かったのですが、「何かを言い返しちゃいけないような雰囲気」が感じられ、パニック状態になっていたこともあり、そのまま素直に内示を受けてしまいました。

今となっては後悔していますし、何も言い返せなかった自分が情けないです。もちろん、意義を唱えずに快諾する労働者が「上」の人にとって印象が良いのは分かりますが、それでも納得のいく答えが得られるまで粘れば良かったと今は思います。

「入って2年にも満たない下っ端なんだからおとなしく従うのが社会人として当たり前」と言われそうですが、僕はそんな人間にはなりたくありません。今回は結局「社会人」らしく従ってしまったわけですが…。

そんなわけで、ここ数日は自分自身に対して怒り心頭な日々を過ごしています。組織に対しても不信感は募っていますが、自分にスキルや能力があれば、すぐにでも退職出来るわけです。

しかし、現時点では転職や独立のためのスキルを持ち合わせていないため、それも出来ません。このことがより自分に対する情けなさや怒りの感情を増幅させています。

…ここまで割と思うがまま書いてきましたが、今所属している部署の上司や先輩方には本当に感謝しています。仕事や職場の人に対する姿勢など多くのことを学ぶことが出来ました。自分の担当している仕事を綺麗な状態で引き渡せるよう、異動までの数日間頑張っていきたいと思います。

この記事を書いた人

エヌジマ

エヌジマ

三十路の唐変木。学校など特定の社会的状況で話せなくなる場面緘黙(ばめんかんもく)を過去に経験。現在も雑談は大の苦手で、時に緘黙の症状が出ることも。このブログでは自分の日常や「紹介したい!」と思ったものを中心にいろいろ書いています。